証券会社からの転職 ── M&A業界で初めて感じた真の社会貢献

FUNDBOOK (ファンドブック)広報の阿部です。

今回は、 M&Aアドバイザーとして数多くの案件成約を経験している村上に、大手証券会社から M&A という業界を選んだ理由、FUNDBOOK への思いについてインタビューしました。

── プロフィール

 

営業戦略本部 エグゼキューション部 ヴァイスプレジデント
村上 宗太郎(むらかみ そうたろう)

2013 年に明治大学法学部を卒業後、野村證券株式会社へ入社。都内で中堅優良企業オーナーを中心に証券リテール営業に従事し、2016 年第 1 四半期には資金導入額全社同期で 1 位となる。その後、M&Aキャピタルパートナーズ株式会社へ入社。半期の新規アポイント獲得数と財務入手件数で1位を獲得し、財務入手件数は当時の歴代最高記録を樹立。2017 年に株式会社FUNDBOOK に創業メンバーとして参画。

 

── なぜ大手証券会社から M&A 業界に転職したのでしょうか?

大学では法学部に在籍していたため、株式や為替など経済には詳しくなかったのですが、新卒で大手証券会社に入社したおかげで、研修制度や社内の教育環境が整っており、ハイスピードで金融の知識を身に付けることができました。
また、顧客を 1 から新規開拓で獲得して、目に見えない変動商品を提案し、多額の取引を頂くという営業活動の中で、多くの学びとやりがいを感じました。
証券会社でのファーストキャリアは、自分の成長にとって非常に良いステージだったと感じており、大変感謝しています。

一方で、顧客からの売買手数料収入である “数字” を上げるべく、金融商品の売買提案を繰り返す中で、お客さまの求める真の利益と証券会社が求める利益が”反比例”しているように感じられることも多々ありました。
このため、ビジネスの本質的やりがいを感じるまでには至らず、自分自身が定年まで証券営業一筋で働いているイメージが掴めずにいました。

そんな時、M&A仲介と出会いました。

M&A仲介を行う過程で、財務・労務・法務・税務・ビジネス面などすべてにおいて深く理解し、お客さまへ提言することが求められます。
交渉が実際に進むと内容も複雑になり、精神的にも体力的にも負担がかかります。
しかし、企業さまのことを深い部分まで考え続けることにより、日々、大きな学びを得られることに大変やりがいを感じています。
これまで私が証券営業で培ってきた金融商品や税務等の限定的な知識に留まらず、M&A仲介ではビジネス全体の知識を深めることができます。

また、M&A仲介は「お客さまの幸福を達成した証として成功報酬をいただく」というビジネスモデルです。
すなわち、お客さまのためにならない限りは、会社として売上が立たないということです。売上を立てるためには、いかにお客さまのためになるかを常に追求しなければなりません。つまり、M&A仲介は、顧客の利益と会社の求める利益が”比例”しており、数多くある金融ビジネスの中でも極めてクリアなビジネスモデルであると思います。

私にとって M&A仲介業は天職であると思いますし、これ以上に学びとやりがいがある仕事はないと思っています。

 

── FUNDBOOK への入社の決め手を教えてください。

きっかけは、前職の M&A仲介会社で一緒だった中島の誘いでした。

弊社代表の畑野から話を聞き、畑野が持つ人間味溢れるリーダー性はもちろん、「革新的な M&Aプラットフォーム事業の立ち上げ」に魅力を感じたことが決定打でした。
M&A 業界で切磋琢磨してきた仲間と共に決断したこともあり、チャレンジすることに一切の不安や迷いはありませんでした。

 

── 村上さんは、FUNDBOOK が分社化する前に参画されました。創業当時のエピソードを聞かせてください。

平日は全国を飛び回り、土日には溜まった事務作業を消化し、週が明けるとまた全国を飛び回り…の繰り返しでした。

M&A の交渉が進んでくるとお客さまの対応が土日に入ることも多々あり、16 日間東京へ戻れなかったこともありました。
たまに会社にいる時は、バックオフィスメンバーと 1 から事業を作るための仕組みについて夜遅くまで協議するなど、やるべきことが絶えませんでした。

若くして、主導的な立場で 1 から事業を立ち上げる機会はなかなかないのでプレッシャーもありましたが、同時にモチベーションを高く持つことができ、非常にやりがいを感じる毎日でした。本当に、昨年は人生で最も濃い 1 年間でした。

数名の事業部から始まった FUNDBOOK は、160 名超の仲間が集まり、虎ノ門ヒルズにオフィスを構えるような組織へと成長しています。正直、これほど急拡大するとはまったく想像していませんでした。
これまで数多くの企業のオーナーさまと対峙してきましたが、当社の成長は信じられないぐらいの速度であり、経営者である畑野を大変尊敬しています。

 

── M&Aプラットフォーム「 FUNDBOOK 」の強みは何ですか?

「選択肢の最大化」ですね。

今までの M&A仲介は、1 つの譲渡のご相談に対し、担当の営業マンが単体で動く、いわゆる「マンパワービジネス」であったため、今すぐにでもお相手を見つけたいと願っても、うまくマッチングできないなど、顧客の利益を追求する上での高い障害を感じることがありました。
このようなマンパワービジネスの限界を解消できるのが、FUNDBOOK が展開するプラットフォームです。
弊社担当者が厳選したご売却案件をプラットフォーム上に掲載し、幅広い買い手企業さまの中からお客さまのニーズに合ったマッチングを実現できるサービスです。プラットフォーム(テクノロジー)の力に私たち(人)の力が掛け合わさることで、よりお客さまのニーズに応えることができるのです。

将来的には全ての企業さまに「FUNDBOOK」が導入されているという時代が来ると確信しています。

 

── 「人」の力について、詳しく教えてください。

譲渡を検討し得る企業オーナーさまを大きく分けると、「①今すぐ譲渡したいと思っている」「②今ではないが、将来的には譲渡も選択肢の 1 つであると思っている」「③これまで全く譲渡を検討してこなかった」の 3 層に分かれます。
①の企業オーナーさまは基本的には、まず銀行・証券や会計士に相談をされているでしょう。②の企業オーナーさまは、おそらく M&A仲介会社が主催するセミナーに参加するなど情報収集をされています。
しかし、③の企業オーナーさまが全国に多くいらっしゃる中で、さまざまな角度から独自の悩みやビジョンに寄り添い、「 M&A が成長戦略の1つの選択肢である」とご提案する必要があります。

これら 3 層の全てに価値提供できるのは、FUNDBOOK だけだと自負しています。

企業オーナーさまが M&A をご検討される理由として「後継者不在」が必ずしも先立つわけではありません。実際には、「今後の業界の変動にどう対応していこう」「新たな事業展開、会社の成長・発展はどうしよう」「従業員はどうしよう」などさまざまです。
譲渡を検討されていない企業オーナーさまの幅広い悩みを深掘りし、M&A という選択肢・機会をご提供させていただくことが、私たち M&Aアドバイザーの役割であり使命だと考えています。

 

── どういう人が FUNDBOOK に合っていると思いますか?

「主体性を持ち、自分の成長に対して意欲的な人」です。

「今日、自分の身に何か起きたらどうしよう…」
そう考えて日々仕事と向き合っている人はどれくらいいるのでしょうか。

「自分に代わりはいない」という主体的なマインドで、今取り組んでいる仕事の重みや責任感を感じる日々が自分自身のパフォーマンスを最大限に発揮する原動力となり、結果として自分自身の急速な成長に繋がっていると私は感じています。

FUNDBOOK は設立 2 年目のスタートアップです。完成した企業よりもハードな面もあります。ですが、日々変化していく環境でも、顧客と会社の発展に貢献しつつ、自分自身も成長していける方が FUNDBOOK で活躍できるのではないかと思います。

 

 

 

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー