FUNDBOOK(ファンドブック)、虎ノ門オフィス 1 周年

こんにちは。広報担当の阿部です。

虎ノ門ヒルズへ本社オフィスを移転してから、1年が経ちました。移転当時 50 名だった社員数は、この 1 年で 168 名と 3 倍以上に増え、拡大を続けています。

今回は 、1 周年を迎えた本社オフィスをご紹介します。

 

開放的な空間。エントランスは Core Value の 1 つである Happy Life をモチーフに。


まずは、こだわりのエントランスから。お客さまを温かくお迎えし、待ち時間もリラックスしていただけるように、開放感のある空間となっています。

左手には FUNDBOOK のコーポレートロゴが、正面には Core Value の1つである 「 Happy Life( 全ての人を幸せに )」をモチーフとした「 What is a Happy Life ? 」のオリジナルネオンが飾られています。
ちなみに、FUNDBOOK の Core Value は 3 つあり、他の 2 つは「 Be Innovative(革新の精神)」と「 Think Social(社会を見据える)」です。各々に込めた想いは、こちら(https://fundbook.co.jp/philosophy/)からご覧いただけます。

エントランス奥には、ソファスペースがあります。いらっしゃったお客さまにくつろいでいただきながらお話できるスペースです。

続いて、会議室です。本社オフィスには、4 つの会議室があります。



お気づきになられた方もいらっしゃるかと思いますが、会議室の名前は、「Buffett(バフェット)」「Rogers(ロジャーズ)」「Schwarz(シュワルツ)」「Soros(ソロス)」と、著名な投資家のお名前をおかりしています。

こちらは役員会議などでも使用する、Buffett 。ディスカッションしやすいよう、机の配置が工夫されています。

 

出社するのが楽しみになる、 24 階の壮観な景色。

オフィス内に入ると、大きな窓から差し込む太陽の光とともに、開放的なフリースペースが広がります。ちょっとした休憩やランチタイム、簡易的な会議に使われています。社内のコミュニケーション活性化に一役買っています。
窓際に設置されているカウンターデスクは、リフレッシュしたいときに大活躍し、スタンディングデスクとしても利用できます。

24 階の眺めは最高です!

続いて、執務スペースです。

バックオフィスメンバーには固定席が設けられ、日々全国を飛び回るエグゼキューション部(M&Aアドバイザーが所属)のメンバーは、フリーアドレスで利用しています。プロジェクターやスクリーンの他にモニターも設置し、全体会議の際など、モニターを通して会議に参加することができます。

FUNDBOOK のオフィスは、統一感と開放感がある、こだわりの空間です。外出先から帰ってホッとする、チームで真剣に語り合う、集中して資料を作成する、笑い声が飛び交う、成約報告をみんなで喜ぶ、そんなメンバーの毎日の拠点となっています。

虎ノ門本社オフィスの 2 年目、2019 年も、さまざまな変化があると思います。
そんな変化を一緒に楽しみたい!一緒に M&A の世界を変えたい!と共感してくださる皆さま。是非、こちら(人事お問合せフォーム)からお問合せください。

 

 

求人採用のエントリーはこちら

求人採用/エントリー